占い師用

一流だけがわかる暗黙のサインなのか? 危機回避能力が高いだけなのか?

とあるサービスが衰退の道を歩むときに一体どのようなことが起きているのか

電話占い会社の統合やサービス停止が増えていますが、行く先々でサービス停止などが発生するためビンボー神的にマークされる占い師もいたり、逆にさっと難を逃れることで神っている占い師と呼ばれる人がいるこの頃……。

神っている鑑定士に関しては、いわゆる視える人以外で、ガチな占い師も結構いたんです。そこでそんな方々を交えて聞いた、なぜ逃げられるのか?危ない会社・サービスの見分け方をここでお伝えしたいと思います。

60%ルール、それはなにを意味するのか?

東洋系ではよく始めた時期を重要視する傾向がまずあります。算命学系の真理占星学でも、物事の結果には必ず開始の時期が影響するという話がありました。12周期での区分け、4周
期での区分けなど、時期の取り方にはいくつかありましたが、実際のデータと照合していくとある結論に至ります。

それが
60%ルールです。

既存の占い師のうち、実際に鑑定を行う稼働者の60%が前月を下回る結果だった場合、そのサービスは3か月以内に問題をお越し、半年から1年でサービスが破たんするということ。

なぜ60%なのか?

ここを分析していくと、真理占星学では6つのタイプとホットとクールに分けたり、相性の良さなどで分類するとたいてい50%になります。残りの10%が何なのか?これは自分と同じタイプでも一部に冲殺系の人が含まれており、その数ではないかと思われます。冲殺系はどの分け方にせよ本来同じくくりになります。たとえばホットとクールの分類では、金星人はホットのタイプで、同様に準星人、水星人が加わります。逆にクールは土星人、火星人、木星人であり、これだと50:50に。冲殺系の人は金星人タイプならすでにその中にくくられており、本来、同じタイプの人間は同じ仲間を応援しようという働きをします。けれども冲殺持ちの人に関しては、同じタイプだけど真逆のものを持ち、それが味方しないことでこの10%の差が出たのではないか?

実際には端数が出るので、正確には60%とはいえないため、約60%としておきます。
もっと分かりやすくすると、3人中2人ということです。
3人の仲間内で2人が前月を下回ったという話が出たなら、それはもうダメだということなのでしょう。

そして、この60%ルールで破たんするサービスの特徴では、その代表者の宿命も大きく影響します。よくやってしまうのが天冲殺の時期に動かすとか開始してしまうということです。

今年は一体どうなのか

2017年は酉年です。
会社やサービスの代表が金星人(申酉天沖殺)だった場合、年の冲殺の年にあたるわけで、こういった年に始めたことが成功することは極まれです。本来、冬の時期に始めたことが根付くわけがないのですから。こういった年に始めるケースには、周りの人に巻き込まれることも多く、その場合は本人がそもそも大きなエネルギーを持たないのに動こうとするという特徴もあります。また本来の自分では考えないような過ちもしてしまう、それが取返しのつかないことをやってしまうといったことも多いでしょう。

60%ルールで起こる不調和の始まり。誰が早めに気付く?
6つのタイプでいえば、本来は金星人になるでしょう。火星人なども割と早いかもしれません。金星人は情報感度が高く、情報戦には長けています。逆にいえば、上記のように金星人が問題を起こすケースは、金星人が情報操作を巧みに行うためなかなか真実が表にならないことも多いということです。サービス自体は、一見何もないように映ったりします。でも何らかの問題が内部で起こったはずであり、それは外部にも分かるような影響が実際には出ています。過去の例でいうと、特別報酬などのニンジンのぶら下げ、鑑定士の急増という現象があります。

じゃあ、60%ルールが発生してから、どれくらい持つの?
ケースバイケースですが、1年以上持つケースは過去にはありません。過去の事例ではいずれも表にはなっていませんが、犯罪行為などの悪事を働いており、別の問題が出て事業停止のスピードが速まるケースも多いので、資本金5,000万円で半年くらいが多いかと。負の流れを背負っている企業では、悪いことが重なるものでよく直近で買収した案件がトラブルの火種になんてこともよくあります。

次回に続く・・・

RSS
Facebook
Google+
Twitter
Instagram
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial