皆さんは占いを占いアプリや占い館での対面鑑定で受ける時に気をつけていることはありますか?
悩みがあるから、占い師に鑑定してもらって占い師からアドバイスを受ければ終わりって、なんかもったいなくないでしょうか。

せっかく時間とお金を使って、占い師から占い鑑定を受けるのであれば、お得にしっかりと占ってもらいましょう。
しっかりと占ってもらうのに、一体どんな質問をすればいいのか、自分の悩みを解消するにはどうすればいいのか、しっかり考えてみることが必要です。
一度、考えてみたことがあるならば、ふと気になって入ってみた占い館でも、占いを受ける時に質問リストがスラスラと出てくるのではないでしょうか。

占いを受ける時に失敗しない、得する質問リストの作り方を紹介します。

占いを受ける時にどのような質問リストがしっかりした鑑定結果を呼び込めるのか

占いをする時は当然悩んでいることがあるはずなのです。
しかし、その悩みは人に話さない限り、何が悩みなのか、悩みの原因はどこにあるのかは他人には分かりません。

自分の悩みをうまく占い師に話すことが出来れば、スッキリとした鑑定結果を呼び込むことになります。
悩みを分析をすると、実は結構あっさりと悩みが解決してしまうものです。
実は悩みを解決する方法は限られているって、知ってました?

諦める
継続する
放置する
他の人に頼む

大体こんなものだと思います。
それを選択できないから悩んでしまうのです。

特に恋愛の問題は大きいと思います。
悩み解決方法のどれも取れないという方も多いのではないでしょうか。

恋愛占いで、よくある質問リストの一例です

占い師にまず好きな相手や対象になっている人はどんな人か説明します。
わからないことはわからないままにしておいたほうがいいでしょう。
ただし調べればすぐに分かることは先に調べておきましょう。

・相手は自分のことをどう思っているか?
・最近冷たい感じがする理由はなにか?
・相手との相性はいいのか?
・相手とうまくいくのか?
・いつぐらいまでに動きがあるのか?
・諦めたほうがいいのか?

など、ざっくりとした質問からより細かい質問にしていったほうが、占い師のイメージもより鮮明になっていき、鑑定結果がピンポイントになります。
当然情報がない中での鑑定結果と情報がある程度ある中での鑑定結果では大きな差ができます。

人に道を教えるのに「あっち」というのと「何本目の道を左折して・・・」どちらのほうがイメージしやすいでしょうか。
占い鑑定もそれと一緒なのです。

初めからリストにしておくことで、対面鑑定で鑑定時間の残りが少ないから、この質問は飛ばして結果を聞きたいとか、占いアプリで所持PTがもう無いからこの質問は後回しで結果を聞きたいなんてできるかもしれないですよね。
同じ料金で占ってもらっても、もらえる鑑定結果が違うのです。

ちなみにこのようなリストを作ると占いだけでなく、交渉事や会議などでも使えますので、事前シュミレーションで質問のリストを作った方がいいでしょう。

ちなみに交渉事や会議の場合は場の流れを考えながら、自分がコントロールすることを考えて作ると誰もがわかりやすいものになります。

占いの質問リストを作るのは鑑定結果で欲しい質問を想定してから作る

質問リストを考える時に鑑定のはじめの質問から考える人がほとんどだと思います。
しかし、はじめの質問から考えていくと本当に聞きたいはずの質問に届かなかったり、内容がぶれてしまったりしてしまいます。
そして質問リストを最初からずっと追ってしまうので、限られた鑑定時間の中では本当に聞きたい最後の質問ができずに、延長したり聞かないで終わってしまったりしてしまいます。

そんなことにならないように質問リストを作っていきましょう。

質問リストはリストと言うだけあって、普通は箇条書きで考えるのが前提です。
そして欲しい質問から箇条書きにしていくのです。

最終的にほしい結果の質問が「結婚した後に幸せになれるか」だったとします。
そこを最終の質問として、その質問から遡って箇条書きにしていくのです。

・結婚したら幸せになれるか
・どんな人と結婚したらいいのか
・結婚できるか
・出会えるのはいつか

など質問を遡って考えていきます。
そうするとこの質問は意味が無いなとかちょっとぶれてるかもとか分かりますし、この質問の答えを貰う前にこっちの質問をした方がわかりやすいかも、と分かってくることもあります。

占い師も論理だてられた質問に答えを出しやすくなっていくはずです。
ただ、あまりに細かくリストにしていくと自分で何を聞きたいのか忘れてしまう可能性もありますので、何度か見直したほうがいいかもしれません。

占いで質問リストを作るメリットはなに?

まず一番のメリットは自分が相談したいことがはっきりとするということです。
自分でしっかりとわかっているつもりでも、実際にはどれが本当に質問したかったのか、わからなくなってしまうことがあります。
本当にしたい質問をして本当に欲しい結果を聞くのに必要になります。

また、質問リストがあることで、どの質問に対してどのような答えが返ってきたか、あとで結果の確認もわかりやすくなります。
もし、これから占いに行く、もしくは占いアプリで占ってもらうのであれば、質問リストを作るようにしておいたほうがいいと思います。

占いで聞いてはいけない質問があるのは知っていました?

占いを受ける際に聞いてはいけない質問があります。
実際には聞いてはいけないではなく、占い師が聞かれても答えられない質問のほうが正しいのです。

人の生死や病気に関する質問

人の生死や病気の悩みは占い師ではなく、専門の病院に行ったほうがいいです。
健康運をよく占いで聞かれますが、あくまで全体としての健康運であって、特定の病気や寿命に関する鑑定では無いです。
占いで病気が治った、病気が予防できるなどのことはありませんので、身体に不調を感じたらすぐに病院で相談してください。

試験の合否に関する質問

試験の合否などは試験を受ける人の努力の結果を見るものです。
精一杯努力をした上で神頼みと言うのはわかりますが、試験の判定は占い師がするものではありませんので、占い師に質問してもお答えできかねるというのが現状です。

また、占い師が合格する、合格しないなどいうと、占い師に言われたからと努力をやめてしまう方もいます。
あくまでも試験の合否は自分の努力の結果なので、責任を占い師に転嫁しないようにお願いします。

投資やギャンブルの結果

投資やギャンブル、宝くじなどで質問をされても占い師は答えられません。
金運と言うかたちでは答えられますが、どこの銘柄を買うと値段が上がるとか、競馬で何番の馬が来るかとかの質問をされても答えられません。
答えられるならば占い師はみんな大金持ちになれます。
金運はお金の廻り具合を見るもので、実際何でお金が入ってくるのかなどはわからないのです。
それと自分の資産を使うことですから自己責任で行ってください。

探し人や紛失物の捜索など

これは単純に占いはエスパーではないので、占いで人を探したり物を探すことはできません。
では、恋愛占いでいい人が見つかりそうなどはどうやって占っているかですが、名前などの素性は一切分かりませんし、この時期にこんな感じの人とここで出会いそうという可能性を占うわけです。
占ってもらった人が忘れてしまえば、実際にそのような人がそこにいても、素通りして会えないでしょう。

しかし、特定の人物を探すのは占いでは無理なのです。
その場合は警察に相談しに行くか、探偵などで探してもらうことをおすすめします。

紛失物も同じです。
警察に届けるか、なくしたかもしれない場所をお店などに確認したほうがいいでしょう。

霊的要素を含んだことや専門的な知識が必要な質問

占い師は霊能力者では無いので、霊的な質問をされても答えられません。
中には霊的な力を売り物にしている占い師もいますが、あくまでも占い師は占いの技術を持った普通の人です。
心霊写真を見せられて、この写真から何かわかりますかと聞かれても占い師は心霊写真ですね。怖いと思うだけなのです。

その他で裁判などに関する相談をされるお客様がいますが、裁判で勝てるか負けるかは占い師に聞いても分かりません。
弁護士に聞いてもらったほうが間違いないのです。
専門知識を必要とするものを鑑定依頼しても専門家ではないので分かりません。

占い師にしてはいけない質問の共通点とは

基本的に占い師に答えられない質問にはいくつかの共通点があります。
まず一つに専門知識が必要な質問であること。
専門知識はそれぞれ国家資格や専門にやっている人がいるので、その知識を持っていない占い師に聞くよりは専門の人に聞いたほうがいいだろうということです。

二つ目は過去に洗脳や詐欺と言った犯罪に関係していたということです。
占いは健全であろうとしますので犯罪に関わりそうなことは禁止にしているのです。
逆に占ってはいけない事を前面に出してくる占い師がいたら注意してください。

犯罪につながりやすいことなので、巻き込まれるかもしれません。

占いとは一体何なのか

占いとは困ったことなどの悩みを簡単に相談できる場所として、基本的には楽しむものなのです。

悩みや未来の指針を聞き、占い師のアドバイスを聞いて、より良い幸せの人生を作っていくものなのです。
占い師はそのお助けをさせていただきたいのです。

2018年2月2日   追記