30~40年前には全盛期とも言えるほど、占い雑誌が販売されていました。
血液型占いや恋のおまじないなどが掲載されていたと記憶しています。

今はすっかり見なくなりましたが、世間の興味は占いからなくなってしまったのでしょうか。
興味がなくなったので雑誌を出す出版社が減ったようです。

テレビやインターネットの時代に手間ひまかけて作った雑誌よりも、
ほぼリアルタイムで情報を流せるテレビやインターネットに世間の興味は移っていくのは仕方がないものです。
不動のファッション雑誌も生き残るのに必死だと聞きます。
それこそ雑誌なのかバック販売のおまけなのかと言われていますが、やはりリアルタイムで見れるのは強いようです。

ファッション界はかなり初期の頃からインターネット業界に参入してきていて、
雑誌自体は売上が厳しかもしれませんが、ファッション業界全体の売上は伸びているのではないでしょうか。

しかし、占い業界はどちらかと言うとインターネットの波に乗り遅れた感があるのは否めません。
たまにサイトは運営してるから波に乗り遅れたなんてことはないよと聞きますが、
その答えが波に乗り遅れているのです。

今や家電の炊飯器やエアコンなどインターネットを利用されています。
占いも占いアプリや占いサービスが出てきています。
そんな中で雑誌なんて・・・と思われるかもしれませんが、占いは非常に個人的なことが多いのです。
インターネットでも構いませんが、やはり雑誌などで一人でその世界に入るのは一種の幸せな時間だと思うのです。

占いの雑誌系で大人気になったのは動物占いなどがありました。
当時は自分はどの動物だとか、相手の動物を当てたりなど大変盛り上がっていました。

現在でもネット上で動物占いなどを見かけますが、話題にはなっていません。

話題って何から作られているのでしょうか?テレビ・雑誌・ネット

話題の一番大きな要因はテレビです。
テレビで取り上げられた時のインパクトは大きいのです。

全世界で話題になったピコ太郎さんの「PPAP」はネットでのことのような気がしますが、
日本に限ってはジャスティン・ビーバーさんが面白いと言った「PPAP」とテレビで紹介されてから大人気となりました。

話題が作り上げられる仕組みはこのようになっています。

・多くの人がそのことを見ることができる
・見たことを多くの人と喋って共有できる
・繰り返し見ることができる

この条件をクリアできると話題が生まれます。

テレビや雑誌などがこれに当たりますが、残念ながらネットは該当しないのです。
多くの人が繰り返し見ることは可能ですが、あくまでもネットは個人的すぎるため、人と会話の中で話題にすることが少ないのです。
ネットでの話題を人と話す場合はテレビで放送された、雑誌に書いてあったなど別メディアで流れたあとになります。

占いで話題を作り出そうとするなら、テレビと雑誌は不可欠なのです。
ただ、テレビは不特定多数の人が視聴する前提なので、好き嫌いがはっきりしている話題を流すことを嫌います。
また商売として番組を流しているので、儲けが出ない番組を流すことも嫌います。

雑誌は購入することが前提なので、その雑誌に書かれていることが好きではない人が雑誌を購入することはありません。
占いに興味がある人だけが読む話題を作り出せるメディアが雑誌なのです。

では近年ほとんど出版されなくなった占い雑誌をどうしていくか。
これをマリーシェルはずっと考えてきました。

雑誌を出版している会社がないのなら、マリーシェル出したらいいじゃないか、と・・・
しかし、雑誌に関するノウハウは多くはないので、雑誌に関するノウハウを持った出版社と協業できないかと、
動いています。

何かしら動きがあればまたご報告していきたいなと、思っていますので、
なるべく気長に占い雑誌の復活を待っていてください。

占い雑誌の未来はWEBしか無いのか?

占い師のお仕事募集!