管理人のつぶやき

忘れがちだがとっても大切な占いを受けるときの心構え

占いを受けるにあたって、気をつけてほしいこと

本当なら普通に考えれば分かることだと思うのですが、占いというフィルターを通してし合うとなかなか気遣いことがあるようです。
忘れやすいけども、占い鑑定を受けるにあたって、あなたが損をしなく、より良い検定結果を受けられるように気をつけたほうがいいことを書いておきます。

でも、これを守れば欲しい鑑定結果がもらえるとかはありませんので、ご了承ください。

占いとの上手な付き合い方1

占いを受けようとお思うときはどんな時ですか?
おそらく、何かに迷い、道標がほしい時や誰かに背中を押してもらえれば大きく踏み出せる時などではないでしょうか。

悩んでいることなどを人に話すというのはかなりの勇気がいります。
それが仲のいい友達や家族であってもです。

そこで占いを通じて、占い師という赤の他人に悩みを打ち明け、アドバイスをもらうのに意味があるのです。

人と話すのが苦手といったことがなければ占いの「対面鑑定」が一番良いです。
それは生年月日などの情報以外に、本人の様子や姿など外見的な特徴や声や話し方などから内面的なものもも探ることができるからです。

そして、占い師も占いの腕をあげるための場ですから、真剣勝負なのです。

あなたが病気で手術を受ける時に、今まで手術を一度もしたことのない医者に自分の身体を負けせることはできますか?
占いでも同じです。対面鑑定を通じてお客様の内面を探しながら鑑定を進めていくのです。

じゃあ、電話やチャットでの鑑定はダメなの?

決めつけてしまうのは少し違います。
電話やチャットできちんと占い師に自分の情報を伝えれば、あなたが知りたいと思っている答えを導くことは十分可能です。
よく自分の回りの人間関係のつながりや占ってほしいことに必要な情報を占い師に知らせずに鑑定をスタートさせたり、
占っている途中に後からすこしずつ情報を出す方がいます。

よく「当たらない占い師だ」という人に多いのですが、占いに必要な情報がなければ、占うことはできません。

占い師は魔法使いではないし、超能力者でもないのです。
電話の向こうで、画面の向こうで、座った瞬間にあなたのすべてを知っているわけではないんです。
占いとは何でもわかる!と勘違いしてる方が多いです。

しかし、中には全く当たらない、本当のプロの占い師ではない人がいるかもしれません。
人には相性というものがありますし、占い師と鑑定を受ける人にも相性はあります。

一生懸命占い師としての腕を上げ、本当に困っている人を助けようとしている占い師もいます。
占い師はうさんくさいや全部詐欺師だなど全てを否定するのはやめてください。

占い師や状況によって鑑定結果が変わる

たとえば、タロットなどは”戦車”のカードが出ても、本人を取り巻く人間関係によって、
そのカードの解釈や観方ががらりと変わってしまいます。
本当に微妙なことで占い師によってカードの情報の受け取り方が変わります。

霊視などスピリチュアル系の人も、実際にその能力は人それぞれ異なり、
頭の中で浮かんだイメージがその相談者の何を指してるのか、つかめないってことがよくあります。

ですから、ある程度鑑定を受ける前に自分の情報を整理して、最初に自分の状況を占い師にしっかりと伝えるといったことを心掛けると、
本当に欲しいその悩みの解決の糸口をつかめることが多いのです。

占いとの上手な付き合い方2

占いを受けるにあたって、絶対条件として人の言うことに耳を傾けるというのがあります。
そもそもお金を払って、鑑定を受けてアドバイスをもらおうとしているのに、
人のいうことに耳を貸すことができない人はなかなかいい方向に改善できません。

どの占いにのも毎回、同じような質問をする方がいます。
きちんとお金を落としてくれれば上客になるのでしょうが、占い師も人なのです。

毎回同じことを聞かれたり、情報を小出しにされて鑑定のミスリードされたりすると
けっこうストレスが溜まったり、悪い気をもらってしまうことがしばしばあります。

占い師といえども人間だから、常識といわれるコミュニケーションが必須なのは当たり前

人気の女優さんが1週間、毎日毎日インタビューで同じことを聞かれて、同じ答えを返すことにストレスを溜め込んで、
そっけない返事をしたところ大問題になりました。
誰でも子供の頃に親に「宿題はやったの?」と何度も言われ、うるさなと思ったり、今やろうとしたのに言われたらやる気をなくした・・・
なんて経験があるのではないでしょうか。

占い師も同じです。例えば10人から同じ質問を10回受けても、何の問題もなく占い師は答えるでしょう。
しかし、同じ人から10回も同じ質問をされれば、嫌な気持ちになるに違いありません。

占い師の仕事

占い師はアドバイスを伝えることが仕事です。
そして、そのアドバイスをもとに行動するかどうかはあなた次第なのです。
何度も同じアドバイスを伝えたとしても、全く行動に移すことなくやってくる、これでは結果を変えることはできないんです。

自分にはできないと思ったり、伝えられた内容に違和感を感じるなどあるなら、その占い師はあなたには合わない可能性が高いのです。
それならば別の占い師を選択すべきです。

占いとの上手な付き合い方3

占いを受ける時に、漠然と悩みの本質をわからないまま受けてしまうと、あなたのお金の無駄になります。

今日は大事な商談があるから、気をつけるべきことを聞いておこう。フリーだと聞いた彼の今の心は誰に向いてるの?など
ずるずるとあれもこれもではなく、特定の悩みを、その場その場で聞くようなスタンスの方はどんなことでも成功者になるケースが圧倒的に多いです。

占いでもビジネスでも成功者の秘訣はほとんど同じ

これは占いだけではなく、実際にビジネスの成功者などに共通することです。
1年先は10年先は・・・と思い描くのはいいことです。しかし、そこにたどり着くまでの道を想像できないのが多くの失敗を生むのです。
1年先にこの資格を持っていたいと思ったら、まずは資格を取得するためのスケジュールを調べます。
調べてみると試験は2年ごとで次の試験は再来年だということがわかった時点で、1年後の目標は未達成が決定です。

無理だとわかったら違う目標にすればいいだけなのですが、スケジュールを調べないで勉強をスクール入ってはじめてしまい、
1年後にスクールは卒業したけど試験はなくて資格取得ができないなんてことになりかねません。

占いも同じで鑑定してもらいたいことの情報をなるだけ細かく、そして悩んでいることの本質を知っておくと、
より的確な鑑定を受けることができます。

占いで失敗してるのに自分で気づかないパターン

例えば、同じ会社の別の部署の人を好きになった。
あの人と自分の相性はどうだろう・・・?

そんな時どうしますか?恋愛は思考能力が落ちてしまうと言われていいます。
それこそことわざで「あばたもえくぼ」と言われるようにアバタというできものも、好きな人であればえくぼのように見えてしまうというものです。

なので、恋をすると何も考えずにすぐに占いで鑑定してもらいますか?
しかし、そのまますぐに鑑定してもらうとお金がもったいないし、実は的確な鑑定がまず帰ってこないでしょう。
なぜならあなたは知っているけども、その違う部署の男性を占い師は知らないんだから。

まずは、自分で違う部署の男性が結婚してないか、彼女はいないかなど周りの人に聞いてみたり、
調べられる情報は調べておきましょう。実際に好きになって占ってもらったら、あなたと彼は結ばれる運命ですと言われたのだが、
男性が結婚してたなんてことがあるかもしれません。

それで占い師の鑑定はインチキだというのは違うと思うのです。
そもそも男性が結婚していることなんて、調べればすぐにわかるのですから・・・
お金を払って鑑定してもらうのはあなたなのですから、より的確な鑑定結果をもらえるように必要最低限の情報などを集めるなどの努力をするべきでしょう。

本当は抜群に利くアドバイスがあっても、一般の人には無理だろう、そんなふうに考えて占い師は無難なアドバイスをする場合もありです。
でも、この人ならできる!そう思えれば、その人に合うベストなアドバイスを送ってくれます。

占いとの上手な付き合い方4

占い師に好かれる人は、超モテるか、人望や人気が高まっている。

占い師を悪くいうのも何ですが、占い師は普通じゃない人が多いんです。
癖が強すぎるとか、すごい神経が繊細、普通に社会に適合できない人も実は多いでしょう。
でも、そんな占い師から好かれるってことは、あなたにそれだけ魅力があるということなのです。
それはコミュニケーション力が高いなどの本人は気付いていないだけで輝いていることが多いのです。

そのような力を占い師のアドバイスが引き出してくれることがあります。
よく、占いを受けてアドバイスを信じたら、人生が大きく変わったなど聞くことがあります。
それはその人の力が引き出されたからなのです。

占いに嫌われるということのデメリットを把握しておこう

逆に占い師に嫌われるってことは、自分に大きな何らかの問題があるといことです。
占い師に鑑定依頼がこないようブラックリストに入れられた、そこで占い師にしつこくしてきたり、占い師に攻撃する前に自分のことを振り返るべきです。
そこで立ち止まって振り返れる人は、まだ救いがあります。
そのようなことを繰り返し行うことを世間ではストーカーと呼ばれているからです。

占いは胡散臭い?

占いなんて胡散臭い!そういう人は占いを胡散臭いと言えるだけの理由があるのかもしれません。
しかし、まだ知らない占い師を含めた占い師全体に対してそれを当てはめるのは早計だと思うのです。
海外の映画で日本人はメガネをかけ、出っ歯で、カメラを持っている金持ちとひとくくりにされて憤慨したことはないですか?

人にはそれぞれの理由があって当然ですが、すべてのことが自分だけの理由で動いているわけではないのです。
それすらも気付けないような人であるなら占いだけではなく、何ではもはや救いようがないのではないでしょうか。

占いとの上手な付き合い方5

占い師に鑑定の感謝の気持ちを伝える、それって時間が経ってからでも遅くはない。
鑑定のときに何か言われて、自分が受け入れられないものだと、そんなことはないと思うことがあるでしょう。

占い師だって人間です、嬉しいことは変わりない

中には鑑定結果に怒る人もいます。
誰だってよくないことは聞きたくないですし、いいことだけを聞きたいのですから

でも、後々占い師の言ってた通りだった、あのことを聞いといてよかった、そんな体験をする方は非常に多いのではないでしょうか。
そこで占い師に感謝の気持ちを伝えたいって瞬間があるはずです。
そんなときには心の中に閉まっておかずに行動に移すべきです。
感謝の気持ちはきっと相手にも伝わって、お互いにハッピーな気分になれるはず。

RSS
Facebook
Google+
Twitter
Instagram

人気の記事

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial